さまざまな形式の塾

図書館

塾における今後の動向予測とは

塾の形態として現在トレンドとなっているのが、個別学習です。家庭教師のように生徒ごとに合った指導を行うことで、理解度を高めながら着実に学習を進めるものとなります。基本は自習という形を取るものとなり、そこで使用する教材を適切に選ぶことになります。そしてその問題に取り組む中でつまずいているところがあれば、詳しく指導することになるわけです。 生徒ごとに適切な指導を行える講師が必要とされていることから、そのための技能を備えた人材の採用が急がれるものと考えられています。また、生徒にある程度の負荷をかけられる指導方法も模索されています。受験までに試験範囲をカバーする必要があるためですが、あまりに生徒のペースに合わせ過ぎないことが必要とされています。

注意すべき点とし挙げられること

現在主流となる個別学習塾における注意点ももちろんあります。生徒の自主性に任せることが基本となるので、生徒によっては逆に個別学習塾が合わないこともあります。そのような場合には従来の少人数制の授業を受けるスタイルの方が合うものとなります。 また、個別学習塾は個別ブースで自習をするスタイルとなるので、周りのライバルをあまり意識しないこともあります。もちろん自分自身の実力を高めることが必要ですが、ライバルの存在を意識することによってモチベーションを保つという側面もあります。あくまでも目的は受験に合格することであり、そこには多くのライバルが存在することを意識することも大切です。塾は家庭教師とは異なり、周りに他の生徒がいることが利点にもなるわけです。